母袋俊也 Official Web Site / News

tmotai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レクチャー( 10 )


2013年 10月 29日

【レクチャー】母袋俊也 「絵画における精神性とフォーマート ― 色彩・絵画が現れる場」2013,11.2

第46回 ゲーテ自然科学の集い シンポジウム


日時  平成25年11月2日(土) 午前10時45分~午後17時(10時30分開場)
会場  立命館大学 末川記念会館2階 第三会議室
(正門を入って100mほど行った左手、入り口を入り、模擬裁判室の横を通っていった奥)
(キャンパスマップ:
http://www.ritsumei.jp/campusmap/map_kinugasa_j.htmlの22番の建物)

10:45~12:30 第一部:若手研究者によるシンポジウム
【テーマ】ドイツ・ロマン主義における「失楽園」
講演者 小野あさよ(立教大学助教)  
    土屋京子(同志社大学嘱託講師)
司会 武田利勝(駒澤大学准教授)

12:30~13:30 休憩
13:30~14:10 総会

14:15~17:15 第二部:シンポジウム
【テーマ】「ゲーテの色彩論 ―― 知覚とイメージをめぐって」
 現代社会は、情報科学の急速な発展とともに、人間のコミュニケーションのみならず、学術や芸術でも大きな変化に際会しています。あらためて心身・心脳問題が論議され、またポスト・モダニズムのメディアミックス・二次制作が問われるいま、意識や経験における感覚、知覚、感性、感情、想像力、美的・芸術的価値などの基本問題を多元的に検証する取り組みが不可欠です。ゲーテ「色彩論」は、まさにそうした検証の場にふさわしい論考にほかなりません。芸術学・美術史学の前田富士男による問題提起とともに、日独を舞台として独自の制作論をもとに活躍されている画家・造形作家の母袋俊也氏、そして認知心理学の領域で芸術的感性に関する先導的研究を展開されている三浦佳世氏にご講演いただき、ゲーテ「色彩論」を手がかりに、感性の新しい理解に歩みを進めましょう。

講演者  「創発的オーダーとしての色彩」
        前田富士男(中部大学教授・慶應義塾大学名誉教授) *兼 司会
     「絵画における精神性とフォーマート ― 色彩・絵画が現れる場」
        母袋俊也(画家・東京造形大学教授)
     「色・運動・時間 ― アイステーシスの実証科学」
        三浦佳世(九州大学人間環境学研究院教授)
[PR]

by toshiya-motai | 2013-10-29 10:23 | レクチャー
2013年 07月 27日

【公開対談】対談 母袋X梅津「フォーマート・世界の切り取り方―青梅をうけて」2013.07.26

対談 母袋俊也X梅津元「フォーマート・世界の切り取り方―青梅をうけて」2013.07.26
7月26日(金)東京造形大学3-202.202教室にて、梅津元氏(埼玉県立近代美術館・主任学芸員)をゲストに母袋俊也との対談が行われました。2012.12.1~2013.1.27まで青梅市立美術館にて開催された 《コレクションx母袋俊也 世界の切り取り方―縦長か横長か、それが問題だ》展の関連企画として1月14日に開催された梅津氏との対談をうけ、〈フォーマート問題〉そのもの、〈フォーマートと絵画の生成〉、また〈絵画が切り取ろうとする世界〉、〈その世界と絵画、それを受容する人との関係〉問題をさらに深化させたいとの思いから実現した。
本対談は、紀要『東京造形大学研究報2014』に研究論文「《コレクションx母袋俊也 世界の切り取り方―縦長か横長か、それが問題だ》展の記録と考察」として収録予定です。

b0143239_1643443.png
[PR]

by toshiya-motai | 2013-07-27 16:50 | レクチャー
2013年 06月 26日

【レクチャー】 野崎武夫 レクチャー+対話

東京造形大学 大学院 造形特講レクチャー 
野崎武夫(編集者、元BT編集)  レクチャーと対話

第1部 レクチャー[明日からアーティストになる人のための小さな幸福論]      
         著書紹介に沿って編集者の立場から
第2部 対話   野崎武夫 X 母袋俊也 X 学生



概要:会田誠、タノタイガ、田中功起など38人のアーティストに「つくること」「生きること」などを質問する『仕事や人生や未来について考えるときにアーティストが語ること』(フィルムアート社)を最近、編集出版した野崎武夫さんをゲスト講師に、「つくること、生きること」をテーマにしたレクチャーと対話形式の授業。

講師:野崎武夫(編集者)
進行:母袋俊也

場所:東京造形大学 12-201教室
日時:2013年6月28日(金)3,4限(13:20~16:30)

b0143239_13412234.gif
[PR]

by toshiya-motai | 2013-06-26 13:43 | レクチャー
2013年 06月 01日

 【レクチャー】安藤栄作 レクチャー+対談

母袋ゼミ拡大プログラム 
安藤栄作 レクチャー+対談 「3.11後のアーティスト達、メッセージを受け取る生き方へ」
 
現在、丸木美術館で「光のさなぎたち」展 開催中の安藤栄作氏を
招いてのレクチャーと対話。

第1部: 安藤栄作 レクチャー   13:20~
     「3.11 後のアーティスト達、メッセージを受け取る生き方へ」
第2部: 安藤栄作 X 母袋俊也 対話  15:00~
     「3.11 後のアーティスト達、メッセージを受け取る生き方へ」


講師:安藤栄作(彫刻家)
進行:母袋俊也

日時:2013年6月4日(火)13:20~16:30
場所:東京造形大学 1-101教室

b0143239_1401595.gif















【レクチャー リポート】
「安藤栄作 レクチャー」 http://www.zokei.ac.jp/painting/?p=7601
[PR]

by toshiya-motai | 2013-06-01 16:36 | レクチャー
2013年 05月 30日

【レクチャー】母袋俊也「〈サイトスペシフィック/ホワイトキューブ〉原理的再考」

【レクチャー】「〈サイトスペシフィック/ホワイトキューブ〉原理的再考」

サイトスペシフィック性への眼差し、タームは、妻有、直島・瀬戸内、さらには、アートラボはしもと、アートプログラム青梅の活動にも深く関わることですが、そのターム、実践は昨今ある意味で消費され、著しい観光への接近にある種の危惧を抱きます。
そこで、今回は〈サイトスペシフィック性〉の本質的理解を〈ホワイトキューブ概念〉との対比によって原理的再考を試みます。


東京造形大学大学院 造形プロジェクト 特別講義
講師:母袋俊也
日時:5月28日(火)16:40~18:10
場所:東京造形大学 12-201

b0143239_1881055.jpg
[PR]

by toshiya-motai | 2013-05-30 17:48 | レクチャー
2013年 05月 22日

【レクチャー+対談】「インタビュー動画アップ」


東京造形大学母袋ゼミ拡大プログラム・インタビューシリーズ

「母袋ゼミ インタビュー動画」アップのお知らせ

母袋ゼミでは拡大プログラムとして、作家、批評家、研究者、ジャーナリストなど様々な領域の方々にレクチャーをしていただき、それを受けるかたちで母袋俊也が対談形式でインタビューするプログラムをすすめています。本年度もいくつかのプログラムが計画されています。
今まで既に何本かのインタビューが本学絵画ブログ「母袋ゼミ拡大プログラム、インタビューシリーズ」としてアップされていますが、公開が遅れていた2011年、2012年に行われた以下5本のインタビューをアップいたします。
「武田昭彦:ジャコメッティ研究」
「中村宏:画家」
「金井直:美術史家」
「村田真:美術ジャーナリスト」
「末永史尚:画家」


インタビューVol.3:武田昭彦(ジャコメッティ研究)2011.10.11
レクチャー:「Looking at Giacometti あるいは貧者の芸術」
インタビュー:「ジャコメッティ あるいは3月11日以降の芸術」





インタビューVol.4:中村宏(画家) 2011.11.18
レクチャー「中村宏 自作を語る」を受けてのインタビュー





インタビューVol.5:金井直(美術史家) 2011.12.09
レクチャー「最後の手 l`ultiima manoのほつれ―「膜状性」へのアプローチ―」を受けてのインタビュー





インタビューVol.6:村田真(美術ジャーナリスト)2012.7.17
レクチャー「画家・村田真、自身の絵画を語る」を受けてのインタビュー





インタビューVol.7:末永史尚(画家)2012.05.29 
レクチャー「末永尚史 自作を語る」を受けてのインタビュー


[PR]

by toshiya-motai | 2013-05-22 19:32 | レクチャー
2011年 10月 10日

【レクチャー】ジャコメッティをめぐる レクチャー+対談

b0143239_13394084.gif















著書「完本ジャコメッティ手帳」、「ジャコメッティ エクリ」で知られる
ジャコメッティ研究家武田昭彦氏を招いてのレクチャーと対談。 

第一部:武田昭彦 レクチャー 15:00~
     「Lookinng at Giacometti あるいは貧者の芸術」

第2部:武田明彦 x 母袋俊也 ダイアローグ 16:40~
    「ジャコメッティあるいは3月11日以降の芸術」

講師:武田明彦(ジャコメッティ研究家、美術評論家)
進行:母袋俊也

日時:2011年10月11日(火) 15:00~18:10
場所:東京造形大学 4・E教室

東京造形大学交通案内
http://www.zokei.ac.jp/smenu/access.html
[PR]

by toshiya-motai | 2011-10-10 14:02 | レクチャー
2011年 06月 20日

【レクチャー】<パウル・クレー 制作者がみるクレー-そのアーカイブ性>

b0143239_6325644.gif















レクチャー<制作者がみるパウル・クレー-そのアーカイブ性から浮かび上がる現前性>

東京造形大学 ハイブリッド特別講座(パウル・クレー)
講師:母袋俊也
日時:2011年6月22日(水)16:30~18:00
場所:東京造形大学4B教室

パウル・クレーは自作全作を幼年期の作品も含め記録化するというアーカイブ性においても極めて特徴的な作家である。今回のレクチャーでは実作者の視点からそのアーカイブ性に着目、クレーの本質であるその「現前性」の浮上を試みます。

問い合わせ:東京造形大学 http://www.zokei.ac.jp/
        交通アクセス  http://www.zokei.ac.jp/smenu/access.html
[PR]

by toshiya-motai | 2011-06-20 07:09 | レクチャー
2009年 07月 19日

【レクチャー】 ロスコをめぐるレクチャー+ダイアローグ

<マーク・ロスコをめぐるレクチャー+ダイアローグ>
絵画についての著書、論考で、刺激的な絵画論を展開する林道郎氏を招いての
レクチャーと対話。


第1部: 林道郎 レクチャー
     ≪ ロスコの目指したもの-ロスコ・チャペルの経験をもとに≫
第2部: 林道郎 x 母袋俊也 ダイアローグ
     ≪ ロスコ・シーグラム壁画 展を巡って≫

講師:  林道郎(上智大学教授.美術評論家)
進行:  母袋俊也

日時: 2009年7月21日(火) 13:20~
場所: 東京造形大学」 1-101教室

ホームページ: 東京造形大学
[PR]

by toshiya-motai | 2009-07-19 20:37 | レクチャー
2008年 11月 15日

【レクチャー】 母袋俊也「自作を通して考察するアジア的なるもの」

東京造形大学 総合講座(アジアの歴史・文化・芸術)

講師:母袋俊也
日時:11月20日(木)16:40〜18:10
場所:東京造形大学 4B教室
ホームページ:東京造形大学

東京造形大学への交通アクセス
[PR]

by toshiya-motai | 2008-11-15 16:22 | レクチャー