母袋俊也 Official Web Site / News

tmotai.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 26日

【松本、アーケード展】2013.11.25


【松本、アーケード展】2013.11.25

信大人文学部芸術コミュニケーション講座が企画する「アーケード-かたち・リズム・交差」展。
昨日は、松本市内で展開される「アーケード」展をゆっくりと体験。
信大構内、自然科学館では、剥製や蝶の標本などとともに佐々木愛さんがインスタレーションを。ドイツ、ダームシュタットの博物館にマンモスの骨とともに〈社会彫刻〉を標榜したボイス作品が展示されていた記憶が蘇る。市街地、和菓子屋さん店舗では、佐々木さん、文谷有佳里さんが、ガラス面にドローイングを展開している。一昨日のシンポの際、金井直先生が〈社会ドローイング〉なる造語を提言していたが、なるほど描画される支持体であるガラス面は、人々が往来する外部と内部を隔てる壁ではあるが、透過性がゆえに外部と内部は互いに開かれてもいて、そのそれぞれのドローイングは絵画が堅持しようとする正面性とは異なり、ポリフォーカス性と等方性の特徴を示しているように感じられた。
その場には、作家、企画運営するスタッフ、場を快く提供する店舗、そして作品を受容する観者、体験者のゆっくりとした時間と確かさがそこにはあった。

b0143239_1141192.jpg













b0143239_1145043.jpg

[PR]

by toshiya-motai | 2013-11-26 01:16 | その他
2013年 11月 26日

【茅野、藤森照信建築】2013.11.24

【茅野、藤森照信建築】2013.11.24

昨日、シンポと懇親会の合間に、藤森さんのデビュー作『神長官守矢資料館』『高過庵』を見学。松本へ移動、金井先生、信大生の皆さんと再び懇親会、学生同士は既に知古のなかの場合も。そして信大宿泊施設へ。
今日は、いよいよ市街にひろがる「アーケード-かたち・リズム・交差」展、先ずは信大自然科学館から。

b0143239_10198.jpg






















b0143239_11359.jpg























b0143239_15288.jpg
[PR]

by toshiya-motai | 2013-11-26 01:11 | その他
2013年 11月 26日

【藤野アトリエ】2013.11.23

【藤野アトリエ】2013.11.23
紅葉を背後に枠が浮かぶ。

これから茅野へ、ゼミ生、Mポリフォニー点出品者有志とむかいます。Mポリフォニー展の際、訪問を受けた信州大学の松本市内で展開する企画展のシンポが連携企画として茅野市美術館で開催され、参加します。

b0143239_055578.jpg

[PR]

by toshiya-motai | 2013-11-26 00:57 | その他
2013年 11月 21日

【伊勢神宮】外宮2013.11.17

【伊勢神宮】外宮2013.11.17

三重、滋賀を巡る小旅行を終え帰宅。
一泊目早朝、伊勢神宮外宮を参る。5時半、徐々にむかえる曙の中、真新しく清々しい正殿が、隣の式年遷宮を終える前の東の御敷地内の正殿とともに強いコントラストで現れる。
一見、鏡像をはさんだ一対に見えるこの二つの世界は、新旧の連続の変化の姿ではない。完全に原型(Urtyp)のみを保全する連続性のための式年遷宮というシステムの内部で遂行される断絶のための解体。それは姿もかたちも持たない抽象的な力の模像ゆえの差異を生じさせず永続を担保する方法。

b0143239_4134031.jpg
[PR]

by toshiya-motai | 2013-11-21 04:13
2013年 11月 21日

【書評掲載】『モルフォロギア』2013.11.14

【書評掲載】『モルフォロギア』2013.11.14

「ゲーテ自然科学の集い」の学会誌『モルフォロギア』ゲーテとスピノザ主義特集に、夏に執筆した書評が掲載されました。前田富士男先生の著書『パウル・クレーの造形宇宙』の書評『クレーの造形宇宙をとおして現前する「色彩のオーバーラップ」』。

b0143239_405964.jpg
[PR]

by toshiya-motai | 2013-11-21 04:06 | 書評執筆
2013年 11月 09日

【展覧会】「アートプログラム青梅2013 雲をつかむ作品たち」2013.11.9

【展覧会】「アートプログラム青梅2013 雲をつかむ作品たち」2013.11.9

「アートプログラム青梅2013 雲をつかむ作品たち」が開催されています。
会期は2013年11月2日(土)から12月8日(日)までです。

本展では、旧織物工場跡サクラファクトリーで〈絵画〉と〈小屋〉で構成するインスタレーション「浮かぶ像・現出の場」
の展示を試みます。
[コメント]
闇・暗室と光に満ちた明室が隣り合う二つの部屋を持つ「小屋・現出の場」。暗室内に絵画「Qf・SHOH〈掌〉Holz」(90x90cm)を展示、明室の視点穴からは黄の光りが・・・。小屋背後の壁面上部には「Himmel Bild」(=空・天の像)42点を掲げる。
〈現実の世界〉と〈もう一つの精神だけの世界〉の二つの世界は隣接し、わずかの重なり合う場を生じさせている。その場は両義の呼び合いの場であり
〈像〉〈絵画〉の現出する場である。   2013.11

東京造形大学関係の出品は、母袋俊也のほか講師の白井美穂さん、卒業生門田光雅さんが青梅市立美術館、小島章義さんがBOX KI-O-KU。学生展は、院2わたなべももこ、院1内田菜生、岡崎シヲリ、小山友也、田神光季、椋本奈津子、学部4年生ユニット「\] 香月恵介、加藤フリーダ、合田聖美、花島拓也、松井千裕、山田彩香が出品します。

《インスタレーション「浮かぶ像・現出の場」》母袋俊也
b0143239_2252437.jpg






















b0143239_2254123.jpg




















b0143239_2257201.jpg




















アートプログラム青梅2013:
http://artprogramome.sakura.ne.jp/wp/?page_id=11
[PR]

by toshiya-motai | 2013-11-09 23:14 | 展覧会